IIJmio

IIJmioのコミコミセットはお得か

更新日:

携帯大手キャリアから格安SIMへの乗換えを検討中の方、いろいろな格安SIMのプランを自分で調べて比べられる方は問題ありませんが、格安SIMには実に様々なプランや組み合わせがあり、詳しくない方にとってはなかなかハードルが高いものです。

そこであらかじめスマホ本体やデータプラン、オプションがセットになったプランを選ぶという手もあります。

IIJmioのコミコミセットは、スマホ本体に音声通話付データ容量3GB、それに通話オプションがセットになったプランです。

この選択肢はお得なのか検証してみたいと思います。

どんなプラン?

IIJmioのコミコミセットは先に説明したように、スマホ本体音声通話付データ容量3GB、それに国内通話3分までかけ放題の通話オプションの組み合わせが通常より安くなるプランです。ドコモの通信回線を利用するタイプDのみになります。

大まかに説明すると1年目、2年目、3年目以降でそれぞれ料金が変化していきます。

料金はスマホのグレードの違いにより「かんたん入門モデル」「標準モデル」「高機能モデル」の3種類のプランがあります.

まずは一番安いグレードのスマホを購入した場合の「かんたん入門モデル」で説明します。

価格は基本的に税抜表示です。

利用開始月 満額の場合3,150円
利用開始月の翌月から
12ヶ月間
1,880円
13〜23ヶ月目 2,880円
24ヶ月目 1,930円〜2,200円
24ヶ月目以降 2,200円

利用開始月は月額料金が1,600円の日割りで、端末分割費用と通話定額オプション費用が満額発生するので月初めに契約した場合は3,150円、それに初期費用等が加わると考えればいいでしょう。

利用開始月の翌月から12ヶ月間は1,880円、13〜23ヶ月目までが少し高くなり2,880円、スマホ端末の支払いが終了する24ヶ月目からは安くなり2,200円となります。24ヶ月目の月の支払いは基本的に25ヶ月目以降と同じですが、機種により多少安くなる場合があります。

別々に契約するよりお得なのか

ここで気になるのは、端末やオプション等を別々に購入契約するよりお得なのかということですね。

「かんたん入門モデル」にあるHUAWEI nova lite 2を例に比べてみましょう。

まずHUAWEI nova lite 2をSIMと端末セット(コミコミセットではない)で購入するとなると、24回(2年)の分割払いで本体端末の月々の支払いは950円です。

そして音声通話機能付SIMでデータ容量3GBのミニマムスタートプランを選択すると月々1,600円です。

それに誰とでも3分以内の通話が何回でもかけ放題にになる通話定額オプションを付けるとプラス600円になり、スマホ端末料金950円+ミニマムスタートプラン1,600円+通話定額オプション600円を合計すると3,150円となります。

スマホ端末代金の支払いは利用開始月からスタートするので、端末代金の支払いが終了する25ヶ月目からは3,150円から950円を除いた2,200円が月々の基本料金になります。

コミコミセットの場合も24ヶ月目以降は2,200円となり別途購入した場合と1ヶ月の違いはありますが、ほぼ3年目以降の基本料金は同じと考えていいでしょう。

2年間の支払い額

3年目(25ヶ月目以降)からの基本料金がほぼ同じなので、その前までの支払い額が重要になってきます。

HUAWEI nova lite 2を別々に契約した場合(初月満額の場合)

別々に契約した場合は3,150円×24ヶ月=75,600円でこれに初期費用をプラスした金額が合計になります。

HUAWEI nova lite 2コミコミセット(初月満額の場合)

期間合計
利用開始月
3,150円
3,150円
利用開始翌月から12ヶ月間
1,880円×12ヶ月
22,560円
13〜23ヶ月目
2,880円×11ヶ月
31,680円
24ヶ月目
1,930円
1,930円
合計 59,320円

この場合は59,320円に初期費用をプラスした金額が最初の24ヶ月間の支払い料金になります。

なおIIJmio公式サイトにも2年間の料金比較が掲載されていますが、こちらは利用開始月を除いた計算になっているので注意してください。当サイトではスマホ端末代金の支払い期間を元に計算してみました。

         

最初の24ヶ月間(初月満額の場合)
別々に購入、契約 75,600円+初期費用
コミコミセット 59,320円+初期費用

まとめ

当サイトの計算では、別々に購入した場合とコミコミセットでは最初の24ヶ月で16,280円の違いが出ました。

結論から言うとコミコミセットはお得と言えるでしょう。

スマホ本体+ミニマムスタートプラン+3分通話定額を考えた場合はコミコミセットを選んだ方が賢明といえます。

しかし通話定額が必要ない場合は、別々に購入した方がいいでしょう。

なお 、コミコミセットで契約しても途中でプランを変更することはできます。その場合は別途差額分が利用料金に加算されることになります。

注意

IIJmioのSIMカードは店頭や他の通販サイトで購入することができますが、コミコミセットはIIJmioの公式ウェブサイトの「コミコミセット」の申し込みボタンからでないと申し込みできませんのでご注意ください。

本体とミニマムスタートプランそれに通話オプションを合わせたとしても、店頭や他の通販サイト、またはIIJmioの公式サイトで「コミコミセット」の申し込みページ以外から申し込んだ場合は適用されません。

IIJmio公式サイトはこちら→IIJmio(みおふぉん)

IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

-IIJmio
-,

Copyright© 格安SIMでスマホ料金をお安く , 2020 All Rights Reserved.